2007年02月26日

坐骨神経痛の体操

坐骨神経痛に有効な体操は
腰椎から仙骨の辺りが硬直しているので
この筋肉を緩める体操です。

坐骨神経痛があるほうの筋系体操を行います。

坐骨神経痛が右側にあるようなら、
膝を立てて、左側膝を閉じたまま
たおして、そのまま3秒間キープします。

逆に坐骨神経痛が左側にあるようなら、
立てた膝を、右に倒して、3秒間キープです。
posted by ZAKOTU at 00:00| 坐骨神経痛体操 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月24日

坐骨神経痛の治療法

坐骨神経痛などの腰痛に行われる治療法で
操体法というものがあります。

操体法とは背骨や関節のゆがみの原因となる
筋肉の緊張をほぐすことによって
腰痛を改善する方法です。
気持ちのよい方向に体を動かすだけの
安全な治療法といえます。

家庭で積極的に取り入れたい
治療法です。
posted by ZAKOTU at 00:00| 坐骨神経痛治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月22日

坐骨神経痛症状

坐骨神経痛の症状
中・小殿筋、腰方形筋に問題がある場合

中・小殿筋はスポーツ外傷、転倒、などの時に痛め易い筋肉です。
立位では痛みをあまり感じませんが、
座位だと骨盤上部に痛みが出たり、
足にシビレが出ます。
左右どちらか、若しくは両方のお尻の上あたりを押さえると
痛みを感じる場所があったり 、
無意識に揉んだり、押したりしていることあります。
中殿筋の場合はさらに進行すると
腰方形筋など他の筋肉にも症状が進み範囲が広がっていきます。
範囲が広がりますと、治療回数も
10回以上通院しなければ治らなくなってきます。

腰方形筋 は骨盤上部の左右から第12胸椎にかけて存在します。
床から物を持ち上げる動作のときや長時間または繰り返し、
体を曲げたり捻ったりした時に痛みやすく、
立ったり座ったりの動作時に痛みの出現が多いです。


坐骨神経痛の症状は、特に動いていなくても、
ももから足の裏にまで痛みを感じることがあります。
ある日突然に、太ももの痛みやしびれが現れてるケースもあります。
急性腰痛のように急性的な痛みではなく連続的に起こってきます。
また痛み以外に下肢のシビレや歩くのもつらいと感じる場合もあります。
posted by ZAKOTU at 00:00| 坐骨神経痛症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月20日

坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛というのは病名ではなく、
症状に対する名前です。
坐骨神経が痛いという意味ですね。

おしりから脚にかけて走行する
長くて太い坐骨神経が何らかの原因で
圧迫されることにより痛みが生じます。

おしりから太ももの後ろ側にかけて
鋭い痛みがあります。
痛みというか痺れるに似た感じです。
かかとや足の裏まで痛みがある場合もあります。
posted by ZAKOTU at 16:31| 坐骨神経痛原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月09日

坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛の原因の大半が
椎間板ヘルニアが占めています。

背骨のゆがみや骨盤のゆがみで坐骨神経を
圧迫しているようです。

そのほかには、脊椎とくに腰椎の変形があげられます。
時として、悪性腫瘍、脊髄や脊椎の腫瘍によって
坐骨神経が圧迫されて起こることもあります。

また、糖尿病でも坐骨神経が起こることがありますが、
このときの坐骨神経痛は両側性が大半をしめます。
posted by ZAKOTU at 21:44| 坐骨神経痛原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月08日

坐骨神経痛になったときの注意

坐骨神経痛には原因となるものがいろいろあります。
坐骨神経痛だからと簡単に片付けてしまうのはよくありません。

怖いのは、悪性腫瘍や脊髄、脊椎の腫瘍によって
坐骨神経痛が起こっていることも考えられます。

必ず、診療を受けて、何が原因で坐骨神経痛が起こっているのかを
確かめる必要があります。

素人判断で、強いマッサージをしたり、
矯正やぶら下がりなどをして、悪化することもあります。

注意です。
耳が痛いです。

坐骨神経痛の原因がわかればそれに沿った
治療法をおこなっていきましょう。
posted by ZAKOTU at 15:25| 坐骨神経痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

坐骨神経痛の世界へようこそ

「坐骨神経痛のことをお届けします」

坐骨神経痛の症状
坐骨神経痛の原因
坐骨神経痛の予防
坐骨神経痛の治療方法についてお届けします。

今現在、私も坐骨神経痛です。
なかなか、坐骨神経痛くらいでは
病院にかからないのではないでしょうか?

私の場合は右側の坐骨神経が痛むのですが、
毎回同じほうの坐骨神経痛がでますねよ。
やっぱり、冷やすのが一番よくないようです。
坐骨神経痛が出るのはたいてい冷やしてしまったあとか、
生理の前後などです。

ゴルフボールで指圧してみたり、
ホカロンを貼って温めたりして、
2〜3日気をつけつと症状も和らいできます。
腰痛は二足歩行をしている限り
仕方のないことだと半分あきらめて
やり過ごしていました。

しかし、坐骨神経痛や腰痛の
本を読むうちにいろんなことが
わかってきたのでそれをお伝えしようと
ブログを立ち上げました。

神経痛に効く温泉や効果的な
入浴方法なども調べると面白いです。

坐骨神経痛の名医や坐骨神経痛に聞く漢方薬、
整体やストレッチといった予防策も
あわせてみなさんの役に立つ情報を
お届けできたらうれしいです。
posted by ZAKOTU at 15:03| 坐骨神経痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。